藤河日の四八日記

pixiv等で活動しております、藤河日の四方八方日記です。

5月半ばの上色見熊野座神社(他)旅行について

どうも皆様、ご無沙汰しております。藤河です。

爺は先月の半ば頃、こちらに来た友人と奥阿蘇にある上色見熊野座神社へ行ってきました。

https://twitter.com/Hitohi_Fujikawa/status/989990397974753280

f:id:Fujikawa26:20180605185138j:plain

上色見熊野座神社の鳥居

足はレンタカーです。

ニッポンやトヨタ系のレンタカーは空いておらず、やむなくタイムズを見ると幸運にもレンジローバー イヴォークが空いていたのでそれをポチりました。

f:id:Fujikawa26:20180605184527j:plain

レンジローバー イヴォーク

こちらがお借りしたレンジローバー・イヴォークです。

グレードは乗ったときの装備の記憶とレンジローバー社のサイトを見比べるとAUTOBIOGRAPHYのようです。ホイールが違うのはなぜか知りませんけど。

 

とまぁ、こんな感じの車を借りて

「自宅→上色見熊野座神社」

というルートを取りました。

朝四時に自宅を出発し、撮影等々が終わったのは午前七時というなんとも言えないことをしてましたね…TLの流れが遅かった

朝日が登る前に出発し、うっすら明るくなってきた中で撮影をしたので森の中に差し込む朝日もフィルムに収めることができました。

f:id:Fujikawa26:20180605185145j:plain

f:id:Fujikawa26:20180605185134j:plain

f:id:Fujikawa26:20180605185127j:plain

朝日を写した写真

他にも、境内では灯籠をメインに写真を撮りました。

f:id:Fujikawa26:20180605185102j:plain

f:id:Fujikawa26:20180605185108j:plain

f:id:Fujikawa26:20180605185122j:plain

f:id:Fujikawa26:20180605185115j:plain

f:id:Fujikawa26:20180605185150j:plain

f:id:Fujikawa26:20180605185058j:plain

境内や森の中の写真

写真を一通り撮り終え、車内で昼食を済ませたあと、次は高千穂峡に行こうということになりました。

しかし、途中の古閑の滝というところで寄り道をしましたw

古閑の滝は冬期には氷瀑として見ものだそうです。

f:id:Fujikawa26:20180605185313j:plain

古閑の滝で撮った写真

この写真は一番下の滝壺を写したものなので、全体像が見たい方はリンク先のWikipediaからどうぞ。

そのあと、予定通り高千穂峡へ向かい

f:id:Fujikawa26:20180605185021j:plain

f:id:Fujikawa26:20180605185027j:plain

f:id:Fujikawa26:20180605185038j:plain

高千穂峡にて

こんな写真を撮りました。
一枚目は高千穂峡の途中にある開けたところにあった島です。

あとの2つはボート乗り場の辺りにあった小さな滝で撮りました。

 

そして、高千穂峡も撮り終えた私達は知り合いの窯を覗きに小石原へと歩みをススメました。

 

去年の九州北部豪雨の爪痕が所々に残る小石原の街で、お話をした後。

博多へと車を向けました。

 

小石原を出発して少し走ると、豪雨被害の爪痕が色濃く残っている場所にたどり着きました。

 

f:id:Fujikawa26:20180605185547j:plain

f:id:Fujikawa26:20180605185606j:plain

f:id:Fujikawa26:20180605185626j:plain

f:id:Fujikawa26:20180605185644j:plain

f:id:Fujikawa26:20180605185701j:plain

f:id:Fujikawa26:20180605185755j:plain

f:id:Fujikawa26:20180605185812j:plain

f:id:Fujikawa26:20180605185737j:plain

小石原から少し離れたところ

私はこの光景を見て、自然の怖さを改めて思い知りました。

言葉で描くのは簡単ですが、それほど、むごい光景でした。

f:id:Fujikawa26:20180605185812j:plain

特にこちら

この写真のところには、家が立ち並んでいたはずなんです。それが、もう基礎も残っていません。

埋められてしまったのかもしれませんが、それでも、ごっそりと、持っていかれているのです。

 

このときほど、呆然となったことは無いでしょう。

 

このあとは、フィルムを預けて、焼き鳥を頂いて帰りました。

 

総移動距離500km弱という一日にしては凄まじい量の移動をしていましたね…

 

此度のお話はここらへんで…

 

 下各リンク集

 

↓藤河日のpixivはコチラ↓

pixiv.me

 

↓藤河日のTwitterはコチラ↓

twitter.com

 

 ↓藤河日の500pxはコチラ↓

500px.com

 

 

 

タクシーという名の小宇宙(タクシーに関することだけじゃないぞ)

どうもこんにちは、在宅業務をほっぽりだしてブログ書いている藤河日です。

最近フィルムカメラを父から譲り受けまして、試行錯誤しながら撮影をしております。

先日現像から上がってきたものを見た所、すごい物が撮れたのでTwitterにも500pxにも上げましたが最高傑作を二枚ほどここに載せさせてもらいます。

f:id:Fujikawa26:20180417181026j:plain

f:id:Fujikawa26:20180417181048j:plain

京都の自宅付近を流れる川で撮ったさくらです。



さて、前座はここまでにしまして、本題に入りましょう。

 

 

みなさんはタクシーというものをご利用になったことがあると思います。

もちろん乗ったことが無いという方もいらっしゃるでしょうがその方は「タクシーってこんな感じなんだ~」と妄想を膨らませて下さい(笑)

かくいうこの私も境遇柄タクシーというものをかなり利用させていただいております。

主に地元では地元の会社、博多方面ではMKタクシー様、京都ではヤサカタクシー様かMKタクシー様などなど…

といった感じでそれぞれの場所で活用させていただいております。

 

さて、タイトル回収と参りませう。

 

タクシー会社が違えば車両も違うしドライバーさんも違う、そういう意味でタクシー一台一台に違いが見えて来て面白い、という感じで使わせていただいております。使い方が少し違うような気もしますがソコはご容赦下さいませ。

 

さて、この「小宇宙」に関して少し掘り下げていきましょう。

 

続きを読む

15時17分、パリ行き を観て

どうもこんばんは。自由気ままな気分屋の藤河日です。

今日は朝六時起きして、クリント・イーストウッド監督の「15時17分、パリ行き」を観てきました。

 

 

簡潔に感想を書きます

「やべぇ」

途中までは普通のお話なんですよ。

最後にドン!って来ました。最高でした。

 

いや本当に最後の方のシーンではずーっと泣いてました。

ネタバレ防止のために伏せますけど、最後の方の事が終わった後のところでめっちゃ号泣してました。

 

続きを読む

2月に購入した同人誌の感想でございます。(非R-18)

先に公開しました、2月購入分の同人誌の感想の非R-18分になります。

 

メインはそちらですので、細かいところはそちらを見ていただけると良いかと思います。

 

こちらには作品の概要とその感想だけを抽出しております。あくまでメインは先の方です。

 

f:id:Fujikawa26:20180228192936j:plain

『君の足音』

漫画:ミノリ様

発行:みの森

陽炎を主軸に据えた一連のお話の総集編になります。

続いて感想を少し…

戦闘シーンや、心理描写、損傷表現などがとてもきれいに上手く描かれており、楽しく読ませていただきました。しっかりと伏線を張り巡らされたお話です。

 

 

↓本編へ戻る↓

 

fujikawa26.hatenablog.com

 

 

2月に購入した同人誌の感想でございます。(本編)(含R-18)

(皆様お久しぶりです、藤河日です。

2月は程よく忙しく、その上投稿するようなお話もなかったので投稿を出来ておりませんでした、申し訳ない(汗)

今回は2月に購入した同人誌を紹介し、感想を書き連ねるものになります。

と、まあこんな文を書いているとき、窓の外は春の嵐状態でございます(笑)

 

2月に購入した同人誌はこちらです。

f:id:Fujikawa26:20180228192929j:plain
f:id:Fujikawa26:20180228192933j:plain
f:id:Fujikawa26:20180228192936j:plain
こちらが今月購入した同人誌でございます

左 さくらい様作「天津恋想」

中央 三瀬弥子様作「コスプレ売り子鹿島ちゃん extend」

右 ミノリ様作「君の足音 集」

の三冊になります。

 

(ミノリ様の君の足音については別記事に抽出しました、そちらをご覧ください)

 

ここから下R-18作品のため注意

続きを読む

日本車について

こんばんは。最近の寒さに死んでいる藤河日です。

 

 

 

これから下はお目汚しの可能性があります。日本車が好きって方はこのページを閉じて、他のブログへどうぞ。

 

 

続きを読む

一筆箋とお礼の気持ち

皆さんこんばんは。藤河日です。

 

突然ですが皆さんは「一筆箋」というものをご存知でしょうか。

一筆箋はデジタル大辞林によると「短い文章を書き送るための小型の便箋」と書かれてます。その通りです、我が家では昔から何か贈り物をする時、人から借りたものを返すとき、などなどいろいろな場面でこの一筆箋というものが出てきました。ですが、今の若い方々は一筆箋というものを知らない方もいらっしゃるようです。

まあ、こう書く私自身も若いのですが…

f:id:Fujikawa26:20180126180517j:plain

f:id:Fujikawa26:20180126180514j:plain

こちらが購入した一筆箋と一筆箋専用の封筒

この一筆箋と言うものを買うために博多や天神地区の幾つかの百貨店を廻ったのですが…なんと天神の岩田屋様にしかおいていませんでした。中々嘆かわしいことです。

そもそも、博多や天神自体若い人々の街で、そういったものの需要が落ち込んでいるのもわかります。でも、こういった文化の一端を担うような物については置いておくべきだと思うのです。

ですが、「百貨店が置いたところで…」というようなビジネス上の事もわかるので大きな声では言えません…

そして、ここからが本題でございます。

私は岩田屋に入り、右側にあったINFORMATIONの女性の方にこう聞きました。

「すいません、どこか一筆箋を売っているお店はありませんかね」

すると、女性の方は

「あの、もう一度お願いします。一筆箋?何ですか???」

と、少し呆けた顔でおっしゃいました。私は顔には出さないように努めたもののとても驚きました。ここまで、一筆箋の知名度が下がっているのか…と寂しく、残念に感じました。

幸い、同じ業務の少し年上と見られる方がご存知でして、すぐに

「本館7階のリベロ書店にてお取扱致しております」

と、フォローをしていただけたので分かりましたが。この知名度の低さは結構由々しき事態だと勝手に感じてます。

 

 

といった感じでございます。

「一筆箋の知名度の低さ」ということがあまりにも露呈してしまった感じですね。

当然、お家のお仕事柄そういったものに馴染みの無い家庭の方もいらっしゃると思います。ですが、こういった小さな文化こそが大事だと勝手に思っているのであります。

私の実家は父母共に茶道を教え、私も茶道を嗜む身として「お礼の気持ち」というものはとても大切であると感じてます。そんな日常的な「お礼の気持ち」を伝えてくれる一つのツールとして、これから先の未来においても残していくべき一品だと思いました。

 

 

京都の百貨店では、どこにでも有るような一筆箋。こういった小さな小さなツールがこの日本で改めて市民権を得ることができたらいいですね。

 

 

同人活動をしていく上で、印刷所様のインクで彩られる文章や絵、漫画の中に一枚、一筆箋などで手書きのメッセージを忍び込ませるのもアリだと思いますよ。私も自分の書いた小説本なんかを出した際には一枚、忍ばせてみたいですね。



↓藤河日のpixivはこちら↓

pixiv.me

 

↓藤河日のTwitterはこちら↓

twitter.com