藤河日の四八日記

pixiv等で活動しております、藤河日の四方八方日記です。

タクシーという名の小宇宙(タクシーに関することだけじゃないぞ)

どうもこんにちは、在宅業務をほっぽりだしてブログ書いている藤河日です。

最近フィルムカメラを父から譲り受けまして、試行錯誤しながら撮影をしております。

先日現像から上がってきたものを見た所、すごい物が撮れたのでTwitterにも500pxにも上げましたが最高傑作を二枚ほどここに載せさせてもらいます。

f:id:Fujikawa26:20180417181026j:plain

f:id:Fujikawa26:20180417181048j:plain

京都の自宅付近を流れる川で撮ったさくらです。



さて、前座はここまでにしまして、本題に入りましょう。

 

 

みなさんはタクシーというものをご利用になったことがあると思います。

もちろん乗ったことが無いという方もいらっしゃるでしょうがその方は「タクシーってこんな感じなんだ~」と妄想を膨らませて下さい(笑)

かくいうこの私も境遇柄タクシーというものをかなり利用させていただいております。

主に地元では地元の会社、博多方面ではMKタクシー様、京都ではヤサカタクシー様かMKタクシー様などなど…

といった感じでそれぞれの場所で活用させていただいております。

 

さて、タイトル回収と参りませう。

 

タクシー会社が違えば車両も違うしドライバーさんも違う、そういう意味でタクシー一台一台に違いが見えて来て面白い、という感じで使わせていただいております。使い方が少し違うような気もしますがソコはご容赦下さいませ。

 

さて、この「小宇宙」に関して少し掘り下げていきましょう。

 

 

 

地元のタクシー会社さんが一番良く利用させて頂いているのですが、こちらはやはり田舎のらしく、未だに多くの車両がMT(マニュアルトランスミッション)車両となっています。当然AT(オートマチックトランスミッション)の車もありますが、殆ど乗らないですねぇ。電話して、AT車が来たら「おっ、珍しいな」なんて心の中で呟いたりします。

使われている車両はトヨタ製「コンフォート」極めて一般的な車両です。

私の住んでいる地域ではタクシーと言えばコンフォートしか見たことがなく、同じくタクシー用として運用されているはずの日産のクルーは殆ど見かけません。

タクシー運転手の方々も(ある種田舎らしく?)お一人お一人全然違います。

とても無口な方も居ますし、普通におしゃべりで楽しませてくれる方も居ます。

ほとんどの方がご年配の方ですが中には二十代の若い方も居ます。上の年齢は計り知れませんですがね(汗)

 

全体的にいかにも田舎の街にある会社。っていう感じですね。その分温かいぬくもりのようなものを感じられるところはあるんですけれども。

 

 

続いて、私が博多、天神周辺で利用させていただいております福岡MKタクシー様についてです。

MKタクシーグループ様は京都で発祥し、全国に広がった一大タクシーグループです。

福岡MKタクシー様がタクシー運用に使用している車種はクラウン(タクシー向けの物、クラウンセダン?)やカムリHVやクラウンHV、アルファードHVなどとなっております。もちろん全てがATとなっていて、快適性は抜群です。車種としては街中を普通に走ってる車ですので馴染み深いかと思います。(クラウンセダンは不明なので割愛)

ドライバーさんはこちらは朗らかでおしゃべりが上手な方が多いように感じます。ちょっとした深い会話でも付いてこられる方が多いです(笑)

福岡は京都や地元と比べて個人タクシーが多いな、と感じます。

MKタクシーさんの対応には文句なしです。重い荷物も預けるだけですし、ドアも直接開けていただいて、なんと言うんですかね…ドライバーさんを物理的にも心境的にも近く感じられる感じがして私は好きですね。

ただ、台数が如何せん少ないので増やしてほしいんですけれどもですねぇ(汗)

ここは余談ですので飛ばしてもらって大丈夫ですが…私は仕事と私事両方で福岡と京都を行き来しておりますので福岡空港から博多駅、もしくは西鉄天神駅へ向かう際に利用しているのですが、つい先日全ての車種をコンプリートしました。(くだらないことで申し訳ないです(汗))

 

サービス、車両、ドライバーさんの面でも落ち着いてリラックスできる地元と違った良さがある感じですね。

 

 

 京都のタクシー事情について語ると長くなりそうなので今回は割愛させて頂きます。覚えていたらまた書きます。

 

 

 

 という感じになります。

当たり前ではありますが、所変われば品変わる。という言葉の通り所が少し違ったりするとドライバーさんも違いますし、使われている車種も違ってきます。東京で利用しているものはまた別次元になりますからねぇ(汗)

そういうところも含めて、タクシーというものは一種の「小宇宙」なのではないでしょうか。

 

 

 下各リンク集

 

↓藤河日のpixivはコチラ↓

pixiv.me

 

↓藤河日のTwitterはコチラ↓

twitter.com

 

 ↓藤河日の500pxはコチラ↓

500px.com